このポスターを夜陰に紛れて貼って歩くが、BUNTENが防虫吟強制市場介入班に捕まり、芋蔓式にフリーメイソン日本支部一斉検挙wはてな高齢者マーク(C)finalvent

ハードディスク凍る

昨年4月6日(276日前)の続き

帰宅してPCのスイッチを入れていつもの巡回にかかる。どこかのファンの軸がイカれかけているようで轟音がするが、昨日はすぐ止まったから温まったら復旧するだろうとのんきに構えて巡回を続けるが一向に異音が止まらない。

そのうちにデータ用のハードディスクが見えなくなっているのに気付く。RAID管理ソフトでも二台中一台が繋がっていないように表示される。おまけに残っている方も故障表示がされている。やばい、このドライブにはパソコン通信時代からのログの一部が入っている。データを失わないためにミラーリングしてはいるものの、二台いっぺんに壊れたらひとたまりもない。あわてつつ注意深く、立ち上げているソフトを終了していき、シャットダウン。フタを開けてケーブルが繋がっていることを確かめて起動。今度は異音もなく起動し、データも見えるが不良表示は消えない。不良側のドライブをとりあえず正常という設定にして再構築にかかるものの、今度はHDD管理ソフトがエラーが多く寿命が近いと異常を知らせてくる。

しまった、もしかしてあの異音はファンではなくHDDが出していたのかもしれない。帰宅時の室温は10℃を確実に下回っていたから、冷え切った軸受けのオイルがプラッタ(円盤)のみそすり運動を誘発して止まらなかったとかのオチは十分にあり得る。メーカ製パソコンの動作保証は5℃かららしいから、微妙なところではある。

しかしこのドライブには保証が付いていて(しかしこんな過酷な低温環境で使われようとはメーカー様も思ってはおるまい)、元箱に入れて送り返せばうんちゃらと書いてあったのだが、まさかこんなに早く壊れるとは思っていなかったので秋口に元箱を廃品回収に出している。万事休すとはこのことだ。そしてまたもや、今金がない。(自爆)

RAIDの再構築中だが、報告されるエラーの数がじわじわ増えつつある。遅かれ早かれ再購入は避けられない情勢ということだ。

USBテレビチューナーの放棄

9月15日の続き。

月末の更新あたりを機に(?)USBチューナーのGV-MVP/VZの番組表の更新がうまく行かなくなるようになった。というか、更新中にブルースクリーンになって強制再起動といういちばんいやらしいパターンである。何度もやり直したり、条件を色々変えながらやってみたが、おもに番組データの更新中にブルースクリーンになる。

他の作業ができないのでついに諦めることにし、ケーブルを抜いた。

もっとも、内蔵型のチューナーの方はちょっと前にXitのバージョンが上がっているのに気付いて適用したところ、HDMIでの視聴ができるようになっていたから、パソコン上でテレビが見れない、という事態には至らないのだが、USB版を楽しめた期間が3ヶ月というのは悔しいというべきなのか、3ヶ月も動いた・楽しめたと喜ぶべきなのか。ここは負け惜しみで喜ぶの方を選んでおきたい。

TMIDI Player の音源その後

6月23日あたりの続き。

しばらくVSTとVertualMIDISynthが使えない状態が続いていたが、VertualMIDISynthはアップデートされて20H2に対応、無事音が出るようになった。

残るのはTMIDI Playerで見えているが音の出ないVST MIDI Synth. 数日前にふと思いついてMIDIせれくたーでVSTを選んだ状態にして別のプレーヤーで再生。見事に無音。別の音源だと発音するので、問題はTMIDI PlayerではなくVST MIDI Synthにあることが確定。

だがVSTがバージョンアップされた話は聞かない。そこで、ヤケクソで再インストールしたら音が出た。問題は、その状態でVertualMIDISynthがお亡くなりになったことである。今度は新バージョンなどないので、こっちも再インストール。奇跡というか、両方動くようになった。

これでひさびさにTMIDI Playerの音源表示が欠けなしの6連に戻った。しかし、一件落着なのかどうかは、よくわからない。(要経過観察)

赤水

昼食後の皿洗い時、いきなり赤水が出た。心当たりがなかったので驚いた。

その後外出時に、水道の本管の保温を外してあるのを見つけた。おそらく工事の振動で管内のサビが浮いて出てきたのだろう。

それにしても、何棟も似たような工事をやってきているのだから、配管を触れば赤水が出ることもある、ということを知らないはずはないのだが、注意喚起のようなことは一切されなかったのに驚く。いや専用区画を触っているわけではないとか家主は言うのかもしれないが(邪推)影響はしっかり出ているわけで。

(起きたのは25日)

やぶへび

別件で大家の所に出かけたら工事の話に。

え、そこまでやるの、あれダメなの、な話がてんこ盛り。というか、聞いてないよ。

噛んで含めるように全部説明しないとわからない、いや、説明されてもなおわからないことすら多々ある俺の頭の不自由さをなめているのだけはよくわかった。

世の中には、俺みたいな、あなたたちの想像も付かないバカがいると言うことを理解して行動して欲しいなぁ。

たとえば、説明会から二週間かそこらで手は打てない、せめてひと月欲しかった、と言ったら、今日でひと月なのにできてないやん、と返される。そりゃ上から養生をかけられたからもう触ってはいけないかと思ったのだが、これも違ったらしい。だから俺の理解力を買いかぶるなと。

買い物サイクリング

冷蔵庫に下げてある買い物メモに、普段の順路では買えない品が多くなってきたので買い物一掃サイクリングを企てる。

主役は、掃除機の先をぶち当てでもした拍子に接触が切れて全放電したらしく不良化した子機の充電池。この、FAX子機(KX-AN184)は20~30年くらい前に家電量販店の店頭で叩き売られていたもので、知人等が買い換えた本体の子機を集めて計三台になっているうちの一台、枕元機である。

なにしろ年代物なので今入っている壊れた電池も互換品である。同じものが売られていればめっけものだが、ビバホームにもルミエールにも置いていない。ビバホームで見たカタログからは、廃番になったわけではなくあまりポピュラーではないから置いていないだけらしいと判明。帰宅してから検索すると通販なら買えるらしい。通販はそれはそれで手間ではあるのでその前にベスト電器あたりを探してやろうと考える。

他に、風呂の満水&温度警報機の9V電池。ルミエールにあったのがパナソニックのアルカリで300円超だったのに恐れをなして他に買うものが上がっているダイソーかどっかを当たるつもり。安い練り歯磨きの買いだめはルミエールでの扱いがなくなったのでトライアルに行かなくてはならない。工事後にアンテナを元に戻すのにビニールテープの他に自己融着テープが要るが、在庫をどこに仕舞っているかわからないので念のため買っておきたい。ナフコにならあるだろうか。

あるかどうか確率半々くらいの、おつとめ品バナナ目当てのルミエールを振り出しに、ダイソーで収納棚(20cm角くらいなので棚というには大袈裟な気もするがこれが正式名)マンガン9V電池(2個税別100円)を確保、ついでに、ケーズデンキの開店を待って電話機コーナーに行くと目当ての電池が。オリジナルも代替品もニカドだったが最新の代替品はニッ水。充電台に置いてもなかなか電池マークが進まないのは容量が増えたせいか充電回路がイカれているのか今のところはわからない。最近改装した(うちの近所に新築した方ではない)トライアルではいつもの練り歯磨きが4円ほど値上げされていたので他のと比べたら値段は安いのに量目が多いのがあったのであっさりそっちに変更。昼食用他の惣菜をラ・ムーで確保後にナフコに向かい靴を確保。以前ルミエールで買っていた靴は複数の素材を貼り合わせて靴底にしてあったのが使用中に剥げて取れるのにキレて靴底が単一素材のものに変えたのはいいが、ナフコオリジナルらしく他では同じものを売っていないのが玉にきず。底が減ると雨の日にスケート靴並の滑りを発揮するのでたまに靴底をチェックし、頃合いを見て買い換えなければならない。電工用ではないが、自己融着テープの方も無事発見。

帰ってすぐFAX子機の電池を換えたのでもう5時間くらいになるが、目盛はピクリとも増えてくれない。まあ、明日になればヒントくらいは得られよう。

買い残しは、今のを昔買ったトライアルに同等品が見あたらないスライサ。スライスする厚さが三段切り替えで刃がV字型。どちらかの特徴を備えていれば妥協するつもりだったがどちらもなし。みじん切り器でV型の刃ならあったんだけどなぁ。

しかし、長距離…でもないが半日がかりのサイクリングはやはり腰にくる。今日はおとなしく早寝するか。