エロ動画復活に挑む

マザーボード等一式を入れ替えて行ったことの一つは必要な時だけ繋ぐHDDへのエロ動画データの書き出しだった。

ものがものだけに書き出してまで保管する必要は特にないのだが(というか保管しておいても二度と見ることはないのがオチであるのはわかっている)、メインマシンに常時繋いでいるデータ用のHDDが満タンになった時から追い出しに取りかかって、以後惰性でやっている作業である。

ところが、問題のHDDを新しいマザーボードに繋いで起動するとWindowsの起動前にディスクチェックがうんちゃらと言われて、チェックが終わったら起動はするもののwindowsからは中身が見えない状態に陥ってしまった(なぜそうなったかは不明)。「ディスクの管理」からは「RAW」として見えているので、領域の確保からやり直してフォーマットすればHDD自体はたぶん使えるようになるのではないかと思う。

しかしそれでは面白くないし、何度か経験したデータ喪失への対策の経験値を上げるためにもあえて復旧を試みることにして「raw ファイル 復活 フリーソフト」でググってデータ復旧ソフトを探す。が、有料版とか体験版が大量に混じる。ファミコンカセット型のAthlonを使っていた2008年(この時復活したファイルはタイムスタンプがおかしくなって表示されないので最古のタイムスタンプを調べることでわかる)に起きた誤操作による大量データ喪失(当時ココログに書いていたものをNIF撤退に伴ってはてなblogに移動していたのを発見)以来の大仕事にたぶんなる。

その時は1万円近くするシェアウエアを買った記憶があるが、今回ロストしたデータの重要性は低く、金もないのでフリーウェア縛りで行く。

ググって見つかった一覧の中からダウンロードして試したうちの幾つかは体験版で実際の復旧はできなかったが、データの量や数が多くあまりに重いので小分けするために作ったディレクトリ構造が見えたものがあったので復旧は可能だと確信。

次に試したのはPuran File Recoveryだが、特にお目当てのファイルがあるわけではなかったため一括で復活を試みたら受け側ドライブが容量オーバーで停止。(復活操作開始からここまでまる一日以上。)

旧マザーならばSATAポートが10あったので空いたドライブを繋いでそっちに丸ごとコピーも可能だったが新しいのは8ポートしかないからそうはできなかったというのが敗因。(うち2ポートはNVMe1台と共用なので、残り6ポートをミラーリング二組とBDで使うと1ポートしか残らない。)

あと、復活したファイルは、内容が見える(再生できる)ものでも元のファイル名が付いているわけではない、というのが痛い。

そこで上記一覧の中に見切りを付けてRAWになったHDDのフォーマットを修復というページを参考にTestDiskを試す。解説ページに従って操作し、「復旧」後に再起動するがWindowsの起動時に再びスキャンがかかり、起動後に確認すると元の木阿弥になっているのがわかる。

何回やってもこの調子なので他になにか原因があるに違いないと睨んでフルスキャンをかけるとこれが三日三晩かかる。修了後にはクイックスキャンの時とは違う表示が出るのでその復旧を試みるのだが操作がよくわからずに初期画面にリターンしてやり直し…を三日もかけてする気は失せている。orz

そうするうちに、検出されたデータを壊れたディスクから余所にコピーするらしいメニューを発見。メニューはコピーに間違いなくしかもコピー後のデータが再生可能なこともわかったので、既存ディスク二台の空きスペースに分けて全コピーを試みる。

復活したファイルはファイル名もタイムスタンプも生きている。これはありがたい。一部のファイルにはおまけデータも付属しているが意味が分からないので削除した。それにしても、10年の間に色々と進歩しているものだ。

コピーした後に、RAIDの片割れだったディスクを繋いで書き戻し。元のディスクは領域確保もフォーマットもしていないので、そのうち再研究するかもしれない。(期待薄)

メインマシン:続「Cannot find OS partition(s)」問題

11日,12日の続き。

動作中のシステムSSDを元のHDDにバックアップしたついでにMBRからGPTへの変換に再挑戦。

ググると、幾つかのフリーソフトが対応しているように書かれたページがヒットするも、どれもこれも無料版では封印されているようである。(数千円~)

面倒なのは嫌いなので金があったらあっさり買ってしまうのだが、メインマシンの換骨奪胎修理に大枚をはたいたばかりなので金が惜しい。(クレカ以外で支払が可能かどうかは未調査。)

そこで、「Cannot find OS partition(s)」をとっかかりにして色々ググる。おすすめされた「mbr2gpt cannot
find os partition(s)」のトップに表示される英語のここ(「18/11/09 にこのページにアクセスしました。」と出る。)を再読。そこに書いてある「reagentc /enable」はたぶん試して駄目だったのではないかと思うが再挑戦。なぜか今回は成功したのは別のプロセスでUSBの回復ドライブを作成中だったからである可能性もある。

その後、「mBR2GPT.EXE /convert /allowfullos」とやると最後まで進行し、「Conversion completed
successfully」と出た。

うまくいったかどうかは再起動してみないとわからない。

シャットダウンしてBIOS設定を変えると、今度はBIOS設定画面に飛ばされることなく無事に起動した。

湯沸器壊れる?

昨日のことである。寒くなったのでお湯で食器を洗おうと湯沸器のスイッチを入れた。

…湯が出ない、どころか点火しない。何度か押しているうちに点火はするようになったがすぐ消えるばかりで安定して着火する気配がない。これはまずい、元は貰い物とはいえ瞬間湯沸器を冬に一度使ったらやめられない。買い換えたら3万なにがしかの出費は避けられないが、こないだパソコン(メインマシン)の心臓部をごっそり取っ替えたばかりで金がない。どうしようかという思いばかりが空回りする。

いいかげんボタンを押すのに疲れた頃、電池交換ランプは点滅していないがひょっとして電池がどうかしたかもと思いついて電池を取り出し、昔100円で買った電池チェッカーにかけるが満タンである。これは諦めるしかないかと思いながら電池を入れてボタンを押してみたらあっさり点火した。接触不良…にしては酸化していた感じはしない。

で、今再チェックしたらあっさり動作したのでこのまま様子を見ることにする。頼むぜ、今冬さえ保ってくれれば来年までには買い換えの資金ができるはずだから。

メインマシン弄り(続き)

昨日の続き。

勝手に目覚める問題が再発。調べたらキーボードとマウスの目覚め設定がONになっていた。

勝手にONになるのかWindowsUpdateか何かの関係なのかは不明。

レコーダの方で録画予約をしようとすると画面が出ない。あれこれ調べたら切り替えスイッチを外してレコーダーに挿したはずのケーブルが半刺し、要するに繋がっていなかったのが発覚。

余談

放送大学の自然科学系の番組をリアルタイムで見ながら色々する。色々の方が終わったのでメインマシンを落として寝ようかと思ったが今面白いところなので切れない。(^_^;)

テレビ見ながら他のことも、となるとやはりそれなりのスペックが要るのだった。

メインマシンの色々

解決した/妥協した問題

シリアルポート他番号振り直し問題(11日)

シリアルポートは強引に振り替えた(12日)が、USBtoMIDIポートの番号がたとえば「2-xx」みたいになっているのについてはプロパティを変更するメニューが見つからず断念中。

サウンドカード排他制御っぽい問題(12日)

底面の隙間から後ろに引っ張り出しているフロントパネルオーディオをBIOSでAC97にしているとリアパネル分もそれに引っ張られてhigh definition
audioではなくAC97になるっぽい。(フロントとリアを別々に設定できず、同一の設定で同時に出力される。)

これ以上のことは今のところわからないので保留中。

TiMidity++行方不明問題(11日)

14日に書いたように解決。

ディスプレイポート問題またはテレビチューナー問題(12日)

スリープさせると復帰時に問題が出るが休止させて復帰しても表示が乱れないことを発見したので、今まで5分で画面表示を切る設定にしていたのを切らないようにし、前を離れる時は手動で休止するという運用で回避することに。

金が用意できたらバージョンの高いHDMIケーブルを買ってみる予定。というか、Displayportが仕様変更してくれるのが一番いいのだが…。

休止やスリープから勝手に目覚める問題は13日以降今のところ発生していない。

未解決の問題

UEFI起動にならない。(11日)

鋭意調査中だがさっぱりわからん。

その他

音楽プレーヤーとしてメインマシンにMusicBeeを導入。今までは選んだ曲をいちいちプレイヤーにドラッグアンドドロップとかしていたので面倒であまり音楽を聞きながらなにかするということはなかった。

それとサウンドカードのテストのあおりでヘッドホンからスピーカーに変更。何年も前にジャンクで買ったものでボリュームのガリがひどくたぶんそのせいで左チャンネルにハムが乗るのだが、別に購入した電源トランスをタッパにおさめたもの(本体は交流低電圧の電源入力)を電源コネクタ直結型の連動タップ(形は違うがこんな動作をする製品)を使ってメインマシンの電源と連動させているのでそれを使う。ちなみにパソコン用のアンプ付きスピーカーはもう一台あってそっちはガリもなく快調に使えるのだが、ACアダプタが大きいので線の取り回しが面倒なため今回は却下。

今までヘッドフォンで聴いていたのをスピーカ化すると電気代が若干上がるはずだが誤差の範囲になることを期待する。

TMIDI Player復活編

11日の「未解決の問題点(3)」TMIDI PlayerのTimidity++ Driverはここの通りにレジストリを弄ったら解決した。

該当スレは監視していたし、前者の方法は一回試し済だったのだがいつのまにかうまくいかなくなった。その時これを思い出していれば問題なかったのかもしれないが俺の頭にそれを期待するのは無謀だった。

このMIDI問題は俺が執念を持っている所なので意地でググった。その他は未解決。たぶん時間がかかる。

メインマシン問題点メモ(2)

表示乱調の解決のためにディスプレイポートを抜いてHDMIだけでメインディスプレイに繋いだのが11日。んでもってテレビを見ようとすると著作権保護がどうのこうの(だと思う)と言われて視聴できない。番組表を見ていたら視聴欲に勝てない番組が目に付いたのでふと思いついてDisplayport接続に戻してみると問題なく見れる。ということはHDMIケーブルかHDMIポートの問題?

いつもならそっこー別のケーブルを買ってテストするところだが、今重症の金欠なので諦める。でもどうすればいいのかわからない。

なお、この接続によって表示乱調が復活したのは言うまでもない。

予備確保を兼ねて起動ドライブをSSDにしたわけだが、常駐ものが山のようにあるので起動が爆速になったとまでは感じられなかったが、以前より目に見えて早くなったのは間違いない。

あと、少し前の起動ドライブが、ハードディスクではあるがそのまま保管してあるので、何かあったらそこまでは戻せるというのは大きな安心感である。

休止やスリープから目覚める問題が解決したかどうかはわからないが、LANアダプタのWindows側の設定が目覚め可になっていたのを殺した。

考えてみたら旧マザーとは違うアダプタなのでWindowsのデフォルトの設定にされているのは当たり前なのだが、GPD Pocketを家庭内LANに繋いだ瞬間に目覚めてくれなかったら設定を確認しようとはたぶん思わなかっただろう。

おまけ

LINEアプリが古いから更新うんちゃら、というお知らせがあった気がする。

そんなこと言ったってパソコンでログインしたらいやと言うほどタブレットの方に警告ないし注意を出すじゃないか。俺はそれがイヤでPC版のLINEを封印したんだが…。

でもとりあえず更新。タブレットの方を覗いてみたが警告は見られなかった。できるんなら最初からそうしろよ。