メインマシンのBIOSをアップデートする

5/26の続きかも。実行は月末の雑誌購入から。

メインマシンの起動の遅さが気になりだしたので、特集が「PCストレージ強化計画」の「DOS/V POWER REPORT」10月号を買って読む。

一番速いのは「NVMe」というタイプのSSDらしいが、規格ができたのはメインマシンのマザーより後っぽい。
当然、M.2スロット(と言うらしい)が付いていないので刺さらないかと思ったが、それ用の拡張カードが市販されているらしいことが29ページに書いてあった。
しかし、

ただし、そこからシステムを起動させるにはUEFIの対応か、SSD側にOption ROMが搭載されている必要がある

とあったので、価格コムの検索をかけてみるがROMの有無とかいう項目は出てこない。

仕方がないのでBIOS更新の方を探る。ベータ版にそれらしいのがあるので当ててみたがbeep三回鳴いて立ち上がらない。すわ失敗かと焦ったが、5/26のメモリ増設時に似たようなことが起きたのを思い出してBIOSの設定を弄ってメモリトレーニングを強制するがダメ。またも四苦八苦のすえ、DRAM周波数を低い方に合わせてやったら起動した。

気になるのは、起動ドライブ設定にそれらしい項目が出てこないことであるが、それはドライブとアダプタが買える金ができてから、あるいは買ってから悩むことにして、今日は寝る。