読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅間山噴火?

全国ニュースで降灰の話が流れる。しかし、正直言ってそれがどうした、な気がしてしまう、というのも、鹿児島では火山灰など降って当たり前だったからである。

そこで、昨年秋に新幹線の終電(でもないが夜遅くの便だと格安で帰省できる。)待ちを兼ねて市内観光バス巡りをやった時に撮影した、とっておきの写真を披露する。

篤姫が育った屋敷の石垣の写真があるページの写真の、バス停のちょと左側に何やら見えると思うが、これを拡大(違)してみよう。(撮影時期は異なるが、本当に同じ場所の看板である。)

Hai

首都圏を直撃した浅間山の降灰は珍しがられているようだが、桜島の降灰は毎度のことで文字通り掃いて捨てるほどある。だから鹿児島市には、一般のゴミとは別に火山灰専用の収集場まであったりするのだ。(ちなみに背景の石垣は篤姫路代からの由緒あるものであるらしい。が、石垣の全景写真は撮っていない。そんなもん、探せばどこにでも転がっているだろうからだ。そして実際、すぐ見つかったわけだが。)


それなのに、浅間山の降灰だけ全国ニュースというのは、九州人としては無意味に悔しい


気がするわけである。(^_^;)