読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼け死日記、または蒸し焼かれ日記(080727)

貧乏

頭から見た立体角を大きくして少しでも効果が上がるように、をポールから吊る仕様に変更。うっかり立ち上がると柄に体をぶつける。けっこうきつくゆわえてあるので、そのうちポールごと落ちるかもしれない。


素麺による手抜き昼食の後、ちょっと前にタイマーの設定ミスで壊してしまった「なんちゃって太陽熱温水器」用循環ポンプの替えを買いに行く。替えは常備してあったので運用停止にはならずに済んだが、今のが焼けたら後がないので替えを確保しておこうというわけである。いっこ千円(980円)也。

循環式に変えてからひと月かふた月でポンプいっこぶっこわしたわけで、ガス代を多少浮かしても元も子もないとはこのことである。orz

(ポンプを壊してしまったのが悲しいので、いくらガス代が浮くのかの計算はまだやっていない。)


ついでにスーパーで値上げ済の特売たまご8玉を買って帰る。

昼過ぎから小一時間ほど外出して帰宅すると、33度だった室温が35度に急上昇していた。一応窓を空かして出たのだがこのありさまである。(5階で窓をすかすといっても、色々細工して簡単には外部から侵入することはできないようにしてある。暑いのはそのせいでもあるが…。m(_@_;)m)


帰宅後、速攻窓全開に戻して室温を33度まで下げたのはいうまでもない。

南の国では一番暑い時間帯を昼寝して過ごすと言うが、拙宅の気温33度は天井からの強烈な輻射熱を加えると、風が通ってもとても昼寝できるような状況ではない。この強力天然オーブンの中でもし寝ることができたとしても、水気が抜けきってあの世に直行間違いなしである。この状態が深夜まで続くので、宵っ張りの朝寝坊なだらしない生活(天井が焼ける前の午前中なら寝ることもできるので、朝食後に昼寝ならぬ朝寝をする毎日。orz)になってしまうわけである。


そういうわけで、だらしないからといって責めないでください。そういう生活にしないと寝不足か脱水のいずれかであの世に旅立つはめになるのでして。orz