読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソッタレブロガー(←俺)による独裁削除方針

パソコン・インターネット

極東ブログ 2008.06.02「もうコメント欄を承認制にしますよ。みなさんもそうしたほうがいいですよ。

finalventの日記 2008-06-03そういえば

派生

ポスト・ヒューマンの魔術師「finalvent氏の「ブログ・クソッタレ撲滅ルール」の致命的な弱点。

この、魔術氏の作戦が有効に機能するのは、公平ないし公正であるという評価を望んでいる「クソッタレ撲滅ルール」採用者に対してだけである。のように、独断と偏見が基準だと公言するような輩には効果がない。"ああそうだよ、お前が気に入らないから削除した。何が悪い?"と言ってしまえばそれまでなのである。

kikulogなどと違って跡形もないように処置しているから信じがたいかもしれないが、実際、意見の違いであると言えるコメントでも場合によっては容赦なく削除してきている。基準は独断と偏見であり、俺の目から見たブログの平穏が全てなのである。

それでは言論の自由とかそのへんはどうなるのか、という批判には昔からこう答えてきている。そういうものはネット空間全体の課題であるから俺のブログに個別に求められても困る。文句があるなら自分の所に書け。書きたいことを書くことを禁止されていない場があるならばそれでクリアだ、と。


独占時代のNIFのフォーラムのように、特定個人が管理する場がすなわち公共の場であると言えた特殊な状況ならば場の管理者に公平性を要求できるかもしれないが、俺はその当時から場の乱立によってネット全体としての公平性を保つべきだと主張していしそぺ方面から総スカンをくらっていたから、この立場はそのころから一貫しているのだ。( ̄^ ̄)

俺の評価が下がることについては問題ではない。というか、俺はもともとそういうキタナイ奴だという自己認識を持っていて、それに合致する評価をいただくことに異存はない。ありがとうと言うくらいなものなのだ。