小沢一郎的こころ?

ないし、小沢氏の中の優先順位。書こうかどうか迷ったがメモしておくことにする。

finalventの日記 2007-11-05朝日社説 小沢代表辞意 「政権交代」は偽りだったのか

小沢氏が本気で海外派遣の恒久法をつくりたいのなら、まず民主党内をまとめ、そのうえで法案を出すなり、政府与党と協議するなりすればいい


(取り上げられている朝日社説より。)

finalvent氏の見方はこう。

現実問題として見れば、民主党内をまとめることは不可能というか社共のグリップを排除したのだろう。

現在の力関係を前提にした場合、朝日推薦の正攻法では社民・共産両党という議席的には極少数反戦派の動向の影響を強く受けざるをえなくなる。彼らの影響を排除したければ衆院選を自力だけで(少なくとも、小選挙区で候補者を絞る共産党の恩恵を排除して)勝たなければならないが、それはさすがに無理だろうと私も思う。


共産票が自民側に流れる可能性は薄いだろうが、自社さの例がある以上油断はできないと小沢氏が考えても不思議はないかもしれない。


この推測が当たっているならば、小沢氏は「社共のグリップを排除した」というより、共産・社民両党を排除すべきだという思想を政権奪取より優先させたということだろうと思う。反共第一という制約条件を入れた場合は、衆院選に勝てないという小沢氏の話もすんなり腑に落ちるからだ。

とはいってもこれはしょせん私という素人の見方に過ぎないので、"衆院選に勝てない"に関する他の意見をここに紹介して締める。

SAFETY JAPANコラム 森永 卓郎氏:構造改革をどう生きるか第106回 小沢氏が辞意、運を味方につけた福田内閣 3ページ 選挙に勝つために小泉チルドレンは大粛清