読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎市長殺しのテロ性

政治的な主張を持たない犯行ならばそれはテロではない、という意見が広く見られます。()


しかし仮に長崎市長銃撃犯に政治的意図がない(or 市への要求は政治的な行為ではない)としても、選挙運動中という民主政では最も重要なイベント中に起きた犯行をそのように狭く捉えるべきではないと考えます。

テロの第一義では容疑者の意図が問題になるのだとしても、選挙運動を萎縮させるなどの効果を生みかねないという点に着目するならば、今回の事件は民主主義という日本のを転覆せんとするテロ行為と言ってよいでしょう。