読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国ネタ(2)

経済・政治・国際

phoque's voice 反日デモに思うこと-とりあえず現時点での総括

まあ確かに小泉の靖国参拝が誉められたことだとは思いませんが、でも、あれって日本人のほとんどにとって「目立ちたがりの首相のちょっと軽率な個人的パフォーマンス」(政治的信念でやってないのは、終戦の日ではなく違う日に行ってみたり『初詣』とか言ってみたりという一貫性のなさからも明白だし)程度のシロモノであって、国民の総意とか国としての対外的姿勢とはあんまり関係のない話なわけで、

小泉本人に関してはあるいはそうかもしれない。しかし、"あのお調子もの"の言動を利用して「国民の総意」を捏造し、自分と違う意見を持つ人を非国民扱いする輩がいたりするのもまた事実なのであって、そういうのの下で弾圧される者の身にしてみれば、あれ以上のはた迷惑はなかったりするのだ。(;_;)


さらに、外務省は(一般に軍事貢献を要求される)常任理事国入りに執念を燃やし、文部省(違う)は問題のある教科書を公認する、といったことが起きているわけで、問題を追っている人からすれば全然関連してないとしても、傍目には軍拡・侵略正当化で一貫してるようにしか見えず、さらにそれらが日の丸強制などとして具体的に結実してる(前述)とあっては、俺はそこまで達観する気にはなれないわけだ。m(_@_;)m

で、俺が一番恐いと思うのは、過去を正当化する雰囲気に日本人が自家中毒しちゃうことだと思うのだよ。よく言われることだが、日本人というのは基本的にお調子者でノリやすい。「みんなで渡れば恐くない」とかいって羽目を外すのも得意だ。(phoqueみたく理性的なのもいるがどっちかつーと例外)で、「日本帝国」が「満蒙は日本の生命線」とか「バスに乗り遅れるな」とか色々と甘い見通しを抱いて突っ走ったあげく大やけどしたわけでしょーが。


せめて、国のトップが理性的・抑制的なら多少ハメ外す奴がいても全体がおかしくなることはないんじゃないかと期待できるが、おかしな奴らの勢いが増してるところへあの首相だぜ。(^_^;)


あれがトップだから、下々がどんな無茶な弾圧食っても他人事で済まされてしまうわけだし、そんなザマだから、中間管理職(?)による弾圧は"上官の命令は陛下の命令"とばかりに無理が通って道理が引っ込む。そして、引っ込みが付かなくなると…。m(_@_;)m


だから、中国人でなくったって、今の日本の雰囲気は十分恐い、と思うのだ。