読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古兵逝く

今朝、メインマシンがいきなり起動しなくなった。途中までは進むのだが、Windows2000ロゴを表示し、画面下に棒グラフを表示した状態で止まってしまう。


すわ、またどこか壊れたか、と悪戦苦闘して原因を探ってみたところ、内蔵HDDのうち一台が寿命を迎えていることがわかった。そのドライブを切り離すと、普段通りに起動できる。


壊れたドライブはログ用ドライブのミラーリング採用前からログデータの待避用として、マザーボードが3~4代にわたって変わってもそのまま使い続けてきた古つわもので、最近はログ用のデータ待避以外にmp3データのメイン置き場にしていたのだが、たまたま数週前からはmp3データを別のドライブと2個所同時に置くようにしていたので壊滅的被害は免れたと言っていい…はずである。

それにしても、数日前の液晶モニタといい、窓を全開にしているにもかかわらず、夜の室内でも決して30度を切ってくれない(焼け屋根の影響のない屋外のセンサの温度は27~8度まで落ちる)というこのところの暑さのせいか壊れるもの続出である。今日はガン検診だったのだが、暑いからといって自分の体まで熱暴走したり不具合が発見されたりしませんように。(^_^;)

愛機へ

ここしばらく日記を毎日付けていて、そろそろネタ切れで身を引けるかなと思っていたのだが。


身を削ってまでネタ提供しなくていいから、どうか元気で働いてくれぃ。m(_@_;)m

焼け天井(その2)

天井が焼ける話は既に書いたが、書かなかった問題点も多々存在する。

天井というものは、居室にだけ付いているものではない。たとえば押し入れにも天井が付いている。もし押し入れに天井がなかったら、雨が降った時に中の布団が濡れて台無しになってしまうであろう。


…そして、天井があるばっかりに、布団を敷く段になってから布団まで天井からの輻射熱でこんがり焼けていることに気づいて、悶々と寝られない夜を過ごすはめになる。orz


そういうわけで、昼間押し入れの扉をすかして熱気を抜くようにした。これにより、敷いた布団が焼けているということはなくなった。(そうはいっても気温が気温なので布団が冷えて快適というわけでもない。)

しかし家にはもう一つ焼け天井付き密閉空間がある。それはトイレである。


液体放出は短時間で済むので中が焼けていてもあまり問題にならないが、私は昔から腸内配管に問題を抱えていて、固形物放出にはそれなりの時間がかかる。暑いのを見越してクリップ式扇風機を吊ってあるが、焼けた空気をかき回しても暑苦しいだけでちっとも快適にはならない。


そこでキレた私は、こっちの扉も半開にしてあらかじめ熱気を逃がしておくことにした。前宅と同じくトイレの隣にはリビングと食卓があるというナイスな配置だが、"BUNTEN、トイレ内で汗でびしょ濡れになって変死。"とか報じられる可能性を減らすためにはいたしかたない。水洗なので半開にするタイミングを選べば臭気はほとんど気にならないのが救いといえば救いであろうか。

ひと皮むけるBUNTEN

平和行進の時に焼けた襟元の皮が剥ける。

翌日から翌々日にかけて激痛が走り、首の下が日焼けというか火ぶくれ状になっているのに気づいた。今朝になってかゆみを感じたので鏡を見ると皮がむけかかっていて、引っ張ったりこすったりするとぽろぽろと落ちる。

思えば一昨年は昼前から、昨年は豪雨の中(しかも逆向き)の行進だったので、よく晴れた夏の午前の日差しに襟元を曝したのは今年が初めてだったのだ。orz


首周りを塞いでしまうと空調服の効きが悪くなるのでタオルを巻いたりはできない。だからといって麦わら帽や笠で襟首を影にできるものだろうか。

日焼け止めを塗りたくる方法もありそうだが、一年一回の行事なので、私のタコ頭では来年までこの失敗を憶えておけるかどうか不安である。よって日記に書いておいて、何かの拍子に思い出すことを期待することにする。(^_^;)

改造なんちゃって冷風扇(その1)

今日は70%前後の湿度があるせいか、あまり涼しく感じない。

台所の湿球温28度、机の前の温度計32度であるので、めいっぱい温度が下がっても28度/100%(^_^;)では蒸してやってられないだろう。


エアコンの温度を28度に、とかいう話とは明らかに次元の違う不快指数が私を襲う。工夫では乗り越えられない、貧乏の限界に突き当たる瞬間である。orz


…誰か、窓用エアコンでも余らせていませんかねぇ。(爆)

水滴があちこちに落ちたり付着するなどして新たな不具合が生じている気配は今のところ無いが、濡れ畳発見までにも数日かかっているので、大丈夫かどうかはわからない。

おまけ:枕元パソコン用液晶ディスプレイその後

修理を試みるも玉砕。バックライトは電源投入直後の数秒間だけ点く(たまに数分持つこともある。)ので経年変化による半田不良とかを疑ってコテを当てまくるも玉砕。ケミコンでも噴いていてくれれば話は簡単だったのだが。


このディスプレイはネットで貰ったものなのでコストをかけて修理する気も起きない。先代のCRTを持ち出せばまた枕元コンピューティング/ゲームができるようになるはず(ただし保管中に壊れていなければ)だが、場所を取るのと消費電力ないし発熱が倍以上になるのでためらい中。バックライト用のインバータ基板をまるごと交換できれば、たぶん直るのだが…。

なんちゃって冷風扇その後

重大な欠陥が明らかになりましたので、追試を検討された方は追記をお読み下さい。m(_@_)m


追記した改造の追試はまだ行っていません。追記通りにやってもうまくいく保証はできませんので注意!(追試後にもう一度別記事を起こす予定ですが、仮に拙宅で成功しても無保証なのは同じです。あくまで自己責任で。)

窓全開だと外からの輻射熱がつらい、かといってカーテンを閉めると風が通らない。さりとてブラインド買うほどの金はない。orz


そういうわけで、昨日の夕方にメイドインチャイナのすだれを買ってきて窓にセット。ブラインドなら風だけを選択的に通すといった芸当が可能だが、すだれの場合輻射だけ遮断することはできず、輻射熱はそれなりに通してしまう風もある程度さえぎる。しかしお値段がリーズナブルなのが最大の利点\(^o^;)/で、ベランダ側用大二枚とパソコン室用中一枚の計三枚買っても税込み597円である。(もとからあったのが一枚(小)これは100円ショップで昨年購入。物置部屋にセット。)


探し回ればもっと安いところもあるかもしれないのだが、あまりの暑さにダウン寸前のため近所の店で衝動買いしてしまう。あそこより安い店があるとしてもせいぜい数百円とか数十円の話だろうに、背に腹は代えられないというおおげさな表現が頭をかすめるあたりがBUNTENの貧乏度を如実にあらわしているのだった。(^_^;)

追伸

ここのところ続けて日記を書いているのは、ネタに事欠かない貧乏生活、という面はもちろんありますが、ひょっとしたら暑気あたりで頭がハイになっているのかもしれません。


かといって、昨日壊れた枕元ノート用の外付け液晶ディスプレイの修理のような込み入った作業をやろうという気は起きないので、普段に比べて頭の回転が速くなっているわけではないことも明らかで、やはり単なるビョーキの類だと思われます。orz

なんちゃって冷風扇の制作

暑い季節になると、エアコンと同じ原理を使った冷風扇がよく売られているが、水の気化熱を利用し、冷えた空気を当てるタイプの冷風扇もある。エアコンが高嶺の花だった時代に(いあ、私には今でも十分高値の花なんですが。orz)代用品として流行ったのだが、言ってみれば加湿器みたいなものを使って涼を得ようというものだったためニッポンの蒸し暑い夏には合わず、エアコンの普及とともに脇に追いやられた。

昨年まで使っていた加湿器はハイブリッドタイプで、電気ポット式ほどではないが数百ワットの電気を食うため、今冬終わりに超音波式の加湿器の処分品を見かけた私はさっそくそれを確保した。


消費電力が少ないのが取り柄の超音波式加湿器欠点は、暖房の効いたところで使わないと気化熱が奪われてただでさえ寒い部屋がますます寒くなってしまう点にある。それでは、夏にそれを使うとどうなるか。いくらか温度を下げることができそうな気もするが、雨が降った昨日みたいに70%を超える湿度がある時に使うと蒸し暑さが増してしまいそうである。

しかし今日の湿度は50%台でこの季節にしては低い。気温は34度もあるが、湿球温度は28度位である。そういうわけで扇風機の後ろに加湿器をセットして回してみると、加湿器から出る霧がみるみる扇風機に吸い込まれていき、先の方では透明になって気化しているのがわかる。


加湿器の能力からいってさすがに湿球温度の28度近くまで下げるのは無理なようだが、普通ならモータの廃熱分扇風機の下流の方が高温になるはずなのに、上流(霧のない所)で34度の気温が、霧が見えなくなる下流では33度を下回っていることがわかった。

加湿式冷風扇(?)の広告では最大3~4度くらい下げるみたいなことを書いてあるので、それには及ばないまでも、超音波式加湿器と扇風機を前後に並べて同時運転するだけといういい加減な仕掛けでも、少なくとも効果ゼロではないことがわかる。

風に当たってみると、10年以上前にやった、室内干しの洗濯物群の後ろから扇風機(拾い物だった(^_^;))を当てる方式のなんちゃって冷風扇よりは心持ち効果が低いものの、洗濯物が乾いてしまうとジ・エンドだったためタオルだけ何度も濡らして使った手間を思えば、タンクに給水するだけでOkのこれの方が楽というものであろう。

22日追記(重要)

部屋内を流れる風の向きが変わったので移動しようと扇風機を持ち上げたら、畳がびしょ濡れになっているのに気づいた。

どうも、扇風機の後ろに吸い込まれた水滴が羽根に跳ねとばされて床に飛び散っているようである。orz


羽根に付着したりする所までは予想していたのだが、水滴は十分小さそうなので、十分短い時間で蒸発するだろうから床その他の場所に着くことはなかろうと思っていたのだが、甘かった。m(_@_;)m


ネタがネタなので真似をされた方はいらっしゃらなかっただろうと思いますが、実験される場合は必ず扇風機の前に超音波加湿器を配置し、時々床などを点検されますようお願いします。